AGA治療ってなに?AGAについて全く知らない人のためのサイトです。基礎知識を得て自分がAGAなのか確認し、これからAGAにならない為にもしっかりとしたAGA対策をとっていきましょう。

AGA治療にかかる費用はいくらか?薄毛になる兆候!

AGA治療は、従来ではなかった薄毛に対する治療であり、皮膚科や内科、専門外来でもこの治療が行われ、主に薬による治療となります。
薄毛は、早い人で20歳から進行します。
AGAは男性型脱毛症という非常に広い枠を持ち、中高年期以降に薄毛が進むことはありますが、問題となるのは20代から40代の若い年代で薄毛が進行してしまうことでしょう。
AGAが進む若者は、それを気にし、人と会うことや外に出ることすら嫌になり、内向的な考え方となり、うつ病を発症することもあります。
この悩みをもつ人にとっては深刻なもので、AGA治療に踏み切るという人も多くなりました。
AGA治療の問題として現在のところ自由診療であり、費用負担が大きくなるということです。
AGA治療専門の病院では、診察・検査・薬の処方など独特の治療費などが掛かり、月額の費用負担が20000円から30000円になると言われています。
通常の内科や皮膚科医に診察後、薬の処方のみとなる場合、費用が10000円から20000円で済むこともありますが、毛髪や毛穴の状態、頭皮環境などの専門的な検査が行われないため、あくまでも薬に頼る治療となります。
薄毛の兆候は脱毛の本数であると考える人が多いのでしょうが、本数ではなく、どの毛が抜けるかが問題となります。
成長過程の細く短い毛が抜けることが薄毛になる兆候であり、逆に太くしっかりとした毛が抜けることがAGA進行の兆候と思われがちです。
太い毛は生え変わりのための脱毛で、細い毛は発達が未熟なうちに抜け落ちてしまう不具合でしょう。
AGA治療で使用されるプロペシアやミノキシジルは強制的に発毛を促すもので、薬を止めると徐々に元に戻ると言われており、専門外来で治療を受けることが好ましいとされます。