AGA治療ってなに?AGAについて全く知らない人のためのサイトです。基礎知識を得て自分がAGAなのか確認し、これからAGAにならない為にもしっかりとしたAGA対策をとっていきましょう。

O型ハゲにはフロジンがおすすめ

O型ハゲに悩んでいる人は、フロジンがおすすめです。
O型ハゲとはつむじを中心に頭頂部が少しずつ薄く広がっていくタイプの薄毛で、円形脱毛症もこれに含まれます。
O型ハゲは男性だけでなく、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因で女性にも見られます。
特に女性の薄毛治療には、フロジン液が処方されることが多いです。
内服薬としては、胃液の分泌を高めるために処方されます。
医療用脱毛症治療で用いられるのは、フロジンが5%配合された外用薬です。
主な成分は塩化カルプロニウムで、色は緑色です。
脱毛箇所に塗ることで、頭皮の血流を良くして、頭皮全体に栄養を供給します。
すると毛母細胞の働きが活性化するので、発毛や育毛に効果があると考えられています。
塗布してから早くて1週間、平均で1ヶ月すると発毛を実感します。
発毛を促進す働きがあるフロジンと並行して、食生活や運動など生活習慣を見直します。
フロジンは皮膚科で円形脱毛症の治療薬として処方される場合、保険が適用されて、低価格で入手できます。
主な副作用には、頭皮や全身のほてり、頭皮の発疹などがあります。
ほとんど副作用は起こりませんが、異常が現れたら医師の診察を受けます。
副作用を防ぐには、1日3回までの塗布する回数を守ることが大切です。
血流を良くする効果の持続時間には限りがあるので、小分けにして塗布します。
通常の育毛剤と同じように、塗布したらしばらく時間を置いて、頭皮マッサージをするとより効果的です。
市販の育毛剤でフロジンを配合しているものは濃度が2%で病院のものより低めに設定されています。
薄毛治療は続けることが重要なので、他の育毛剤よりリーズナブルなフロジンが適しています。